【中央日報】突然前倒しになった文大統領の「ワクチン時刻表」…「頼みの綱」はサムスン電子副会長か



1: 令和瓦版 2021/08/18(水) 17:55:18.35 ID:CAP_USER
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が15日、光復節(解放記念日)の祝辞で「コロナワクチン接種70%完了」時点を従来の11月末から10月に操り上げた背景がサムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長の役割と関連があるのではないかという観測が出ている。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)の朴洙賢(パク・スヒョン)国民疎通首席は18日、ラジオインタビューで文大統領の発言に対して「すでに確保したワクチンをしっかり調節して進めれば十分に目標に到達することができるという意味」としながら「国民との約束なのに、大統領の言葉が厳重でないはずがない」と話した。

朴首席はあわせてモデルナワクチンの国内委託生産企業であるサムスンバイオロジクスに言及した。

朴首席は「委託生産などは許可手続きに相当な時間が必要とされるため持続的に協議していく問題で、モデルナも直ちに確約ができるわけではない」としながらも「この問題はそのような方向(委託生産物量の国内優先供給)で当然協議していくのではないだろうか。見守ってほしい」と話した。

サムスンバイオロジクスは今年5月、文大統領とジョー・バイデン米国大統領の韓米首脳会談過程でモデルナと数億回分のワクチン委託生産契約を結んだ。供給先は米国を除く全世界が対象だ。初めての生産は来月中に行われる可能性が高い。

これに関連して前日、保健福祉部の姜都泰(カン・ドテ)第2次官は8月の供給日程に支障をきたしたモデルナとの対話過程を説明して「ワクチン供給の安全性確保次元、また流通過程の効率化などの側面で韓国内委託生産物量が韓国内に供給されることが望ましいという意見を出した」と明らかにした。サムスンバイオロジクスの初回生産物量を韓国内にまず導入してワクチンの供給支障を突破するという内容を伝達したことを示唆する言葉だ。

朴首席はこの日インタビューで「モデルナが(供給計画を)口頭で確認した。週末あたりにモデルナから立場が来れば、国民に嬉しい気持ちで報告することができることを願う」としつつも、口頭合意の具体的な内容に対しては言及しなかった。

朴首席はまた「モデルナが(供給の)約束を守らなくても目標達成が可能なのか」と尋ねられると「大統領の約束はモデルナの状況にもかかわらず、すでに確保したワクチンをしっかり調節して進めれば十分に目標に到達することができるという意味」としながら「(70%到達)以降もさらに多く確保するための努力を尽くしていることを知ってほしい」と付け加えた。

文大統領は最近になってサムスンの役割を暗示する発言を繰り返してきた。

13日、朴首席を通じて李副会長の仮釈放決定に対して初めての立場を出したが、「厳しい危機状況の中で、特に半導体やワクチン分野で役割を期待し、仮釈放を要求する国民も多い」とし「国益のための選択として受け入れ、国民も理解してほしい」という内容が含まれた。

2日後の光復節にはワクチン接種時期を操り上げるという発言に続き▼ワクチンハブ▼半導体グローバルサプライチェーン主導▼気候危機対応--などを今後の国家目標でありビジョンとして提示した。この3つの目標のうち核心であるワクチンとサプライチェーンに関してはサムスンの役割が不可欠だ。

この日、朴首席は文大統領の発言などについて「李副会長がその分野の役割を果たして国民の希望に応えてほしいという原則的な考え」と説明した。

朴首席は李副会長の経営活動の制約を減らすための「就職制限解除」に関しても「国民が望むことがあるのではないだろうか」とし「国民的な望みがあるので(それに対する)努力を尽くして希望に応えてほしいという気持ちを(文大統領が)明らかにした」と話した。

朴首席はただし、クリスマスや来年の三一節(独立運動記念日)などを通して文大統領が李副会長に対する赦免を検討する可能性に対しては「大統領の固有権限である赦免権に対して言及するのは適切ではない」と一線を画した。

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版 2021.08.18 16:02
https://s.japanese.joins.com/JArticle/282033?servcode=200§code=200

引用元: ・【中央日報】突然前倒しになった文大統領の「ワクチン時刻表」…「頼みの綱」はサムスン電子副会長か [8/18] [右大臣・大ちゃん之弼★]

おすすめ記事

    No feed items found.

© 2021 ニュース速報 令和瓦版