【中国メディア】どうして日本は中国のことをかくも嫌悪するのか その背景は「嫉妬」だ


1: 令和瓦版 2021/08/18(水) 17:22:57.13 ID:CAP_USER
http://news.searchina.net/id/1701518?page=1

 中国のポータルサイト・網易に16日、「どうして近年日本は中国に対する反感をますます強めているのか」とする記事が掲載された。
 
 記事は、ここ数年の日本の反中レベルが「驚くべきほど」であるとし、その背景について3つの点から考察している。まず1つめは「嫉妬」とし、急速な経済成長を遂げてきた現在の中国が1980年代の日本同様に米国との貿易戦争に直面しながら、日本のように「降参」することなく徹底的に戦える力を備えていることに対する嫉妬心が、日本人の反中感情を増幅させているのだと論じた。
 
 2点めでは、日本人が「精神的に米国人のつもりでいる」ためだと主張。日本は米国に原子爆弾を2度も落とされながら、現在では日本人の多くが米国に好感を持っており、「世界で最も親米な国」になっているとした上で、「大好きな米国が嫌いなものは自分たちも嫌い」という思考回路になっているとの見解を示した。
 
 そして、3つめは「西側民主国家の傲慢」が要因だとし、日本国内に政治的、制度的、経済的にさまざまな問題が山積みになっているにもかかわらず、日本人はひたすら「われわれには自由がある」と言い張り、中国より優位に立とうとしていると伝えた。
 
 記事はさらに、日本が反中の心理を持ち続けているもう一つの根本的な理由として「中国を戦争で打ち負かすことができなかったことに対する、中国や中国人への恨み」があるとも主張。「たとえ米国の走狗に甘んじたとしても、なんとかして中国を打ち負かしたいのだ」としている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

引用元: ・【中国メディア】どうして日本は中国のことをかくも嫌悪するのか その背景は「嫉妬」だ[08/18] [ろこもこ★]

おすすめ記事


© 2021 ニュース速報 令和瓦版