堺雅人の「1億円ドラマ」大コケ! 日テレ莫大投資も…シリーズ化見送りの悲劇


1: 令和瓦版 2022/04/25(月) 06:43:25.89 ID:CAP_USER9
4/25(月) 5:15配信
東スポWeb

各局で「争奪戦」が続く堺雅人(東スポWeb)

 日本テレビが頭を抱えている。ばく大な制作費を投入した堺雅人(48)主演の日本テレビ系スペシャルドラマ「ダマせない男」(3月26日)は世帯平均視聴率6・7%と全く振るわず。これによりシリーズ化が見送りになったほか、全てのプロジェクトが白紙になってしまったのだ。

「通常5000万円と言われる特番ドラマの予算相場を大幅に超える1億円をかけた大作だった。堺以外にも門脇麦や広末涼子、生瀬勝久、小手伸也といった旬の俳優をキャスティングしており、大きな期待が掛けられていた」と日本テレビ関係者。

 ところがフタを開けてみれば、予想をはるかに下回る低視聴率に終わった。「ダマせない男」は世帯6・7%、個人視聴率4・0%。埼玉県三郷市を取り上げた「アド街ック天国」(テレビ東京系)にまで世帯、個人とも敗れてしまった。

 堺といえば主演ドラマ「半沢直樹」(TBS系)「リーガル・ハイ」(フジテレビ系)を筆頭に、数々のドラマで高視聴率を叩き出してきた。今回は2020年の「半沢直樹」以来、約2年ぶりのドラマ主演だっただけに、日テレとしては顔にドロを塗ってしまった形だ。

 問題となったのは視聴率だけではない。視聴率に比例するかのように、放送後にSNSを中心に書き込まれた視聴者のリアクションも悪かった。「ネットでは既視感があり、『コンフィデンスマンJP』のパクリだという声が圧倒的に多かったんです。堺サイドにとって一番、ショックだったのがこうした視聴者の声ですよ。日テレのスタッフを信じた結果がこれですから…」(芸能プロ関係者)

 低視聴率に低評価。これで「ダマせない男」の命運は大きく変わった。「当初の予定では今年12月に特番第2弾、さらに来年1月から連ドラを放送する予定だったが、全て水の泡になってしまった。残念です」(前出日テレ関係者)

 先々まで決まっていたはずのスケジュールが白紙となった大きな要因は、堺サイドから〝物言い〟が付いたからだ。

「堺さんサイドから放送後にあらためて疑問符を付けられました。内容を要約すると、ドラマ企画としてまだ熟成しておらず再考してほしい、というオーダーが入ったんです。再考と言っても一度は放送されているドラマコンテンツですからね…。事実上厳しい、ということですね」(別の日テレ関係者)

 堺をめぐっては、高視聴率がかなりの確率で見込めるため、今もテレビ各局が綱引きをしている状態。特にTBS、フジテレビは熱心だ。そんな最中、日テレが「半沢直樹」以来の主演という〝ゴールデンチケット〟を獲得したのだが、それを全く生かせないどころか、大きなミソを付けてしまった。今後しばらく、堺が日テレのドラマに出演することはなさそうだ。(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)

https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20220425-04150232-tospoweb-000-6-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/2776bbfb4e75f67b9c547c7f6c54aebd7da4cf78

引用元: ・堺雅人の「1億円ドラマ」大コケ! 日テレ莫大投資も…シリーズ化見送りの悲劇 [爆笑ゴリラ★]

23: 令和瓦版 2022/04/25(月) 06:53:02.02 ID:E8n7zdsk0
まだ配役で数字が取れると思っているテレビ局があるんだな
それを覆した長寿ドラマの主役も最近勘違いしてるけど

24: 令和瓦版 2022/04/25(月) 06:53:12.58 ID:Frz95q/L0
タイトルを「半沢直樹のダマせない男」にすれば良かったな

おすすめ記事


© 2022 ニュース速報 令和瓦版