【話題】SNSで出回るコロナワクチンデマ 「マイクロチップが入っていて政府に行動を監視される」


1: 令和瓦版 2021/08/17(火) 09:02:13.68 ID:Syg7WmcA9
感染拡大が止まらない新型コロナウイルスに対するワクチンについて、若い世代を中心に接種をためらう動きが続いている。

一因は、SNSなどで拡散されているさまざまなデマだ。容易にデマと見破れるものがある一方で、
出産や健康にかかわるものは真偽の判断が難しく、不安に陥りやすい。

デマにだまされずワクチン接種を推進するには、多くの人が情報の正しい見極め方を身に付ける必要がある。

日本国内の新型コロナワクチン接種は1億回を突破し、65歳以上の高齢者は8割以上が2回目の接種を完了している。
だが若い世代の接種への躊躇(ちゅうちょ)もあって、全体の2回目完了率は3割台にとどまる。

接種の浸透を阻害するデマとは、いったいどんなものなのか。

有名なのは「新型コロナワクチンを接種すると、体に磁石がくっつくようになる」というもので、
SNSで公開された動画などがきっかけで拡散した。

米疾病対策センター(CDC)は「ワクチンには磁気を帯びさせる物質は含まれない」と即座に否定している。

「マイクロチップ(微細な電子標識)が入っていて政府に行動を監視される」というのもある。
もちろんメーカーや各国の保健当局が公開しているワクチンの成分に、含まれていることはない。

大阪大の宮坂昌之名誉教授(免疫学)は「デマの横行が新型コロナワクチンの接種浸透を阻害し、社会に大きな不利益をもたらしている」と話す。

国立精神・神経医療研究センターなどが全国2万6000人を対象に行った調査では、
1.3%が「ワクチンを接種したくない」と回答。年齢層別では、男女ともSNSの利用が非常に活発な15~39歳の若い世代が最多で15%前後だった。

デマにだまされないためには、情報の真偽を見極める情報源が必要だ。

宮坂さんは、厚労省が一般向けに分かりやすく説明している「新型コロナワクチンQ&A」や
有志の医師らが正確な情報提供に取り組む「こびナビ」など、信頼できる情報発信サイトでの確認を勧める。

また、宮坂さんは、情報提供の経路を多様化する必要もあると指摘。

「専門家ばかりが情報発信を行うのではなく、ワクチンを接種した上で偉業を成し遂げた東京五輪のメダリストたちにも協力を要請し、
折に触れてアピールしてもらってはどうか」と訴えた。
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2108/17/news040.html

https://image.itmedia.co.jp/news/articles/2108/17/l_HLMHY7RXN5NE7EH3FWDLJDEH74_1.jpg

【NHK】ワクチンデマを拡散しているグループがよく使う単語 「アノン」「トランプ大統領」「左翼」「集団ストーカー」★5
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1628854797/

引用元: ・【話題】SNSで出回るコロナワクチンデマ 「マイクロチップが入っていて政府に行動を監視される」 [影のたけし軍団★]

おすすめ記事


© 2022 ニュース速報 令和瓦版