【大口病院】被告(20人殺し自白)に無期懲役判決 裁判長「生涯をかけて償いをさせ、更生の道を歩ませるのが相当」反省してることも考慮


1: 令和瓦版 2021/11/09(火) 18:17:00.03 ID:j3mpZx6J9
旧大口病院の点滴中毒死、元看護師に無期懲役判決…裁判長「更生の道を歩ませるのが相当」

 横浜市の旧大口病院で5年前、高齢の入院患者3人の点滴に消毒液を混ぜて中毒死させたとして殺人罪などに問われ、死刑を求刑された元看護師・久保木愛弓被告(34)の裁判員裁判の判決が9日、横浜地裁であり、家令和典裁判長は無期懲役を言い渡した。

 家令裁判長は判決で、3人の殺害など全ての起訴事実と、久保木被告の完全責任能力を認定する一方、被告が法廷で、自身に不利な事情を含め、記憶をたどりながら素直に供述したと指摘。「犯した罪の重大性を痛感し、被害者や遺族に謝罪の言葉を述べ、『死んで償いたい』と述べるに至っている」と、反省を深めていることを重視した。

 その上で、「被告には反社会的傾向も認められず、死刑を選択することには 躊躇ちゅうちょ を感じざるを得ない。生涯をかけて罪の重さと向き合わせることにより、償いをさせるとともに、更生の道を歩ませるのが相当だ」と述べた。

(略)

 家令裁判長は判決言い渡し後、久保木被告に対し、「苦しい評議でしたが、無期懲役が(裁判員を含めた)我々全員が出した結論です。この先も、生涯をかけて償ってほしいということです」と語りかけた。

 家令裁判長は先月22日の結審時、判決の内容にかかわらず、主文の言い渡しを後回しにすると説明。予告通りに主文を最後に述べた。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20211109-OYT1T50162/

【死刑求刑】《不審死48人「大口病院点滴殺人事件」》「20人くらい殺った」“白衣の堕天使”久保木被告が女性取調官に“完落ち”して語った凶行
https://bunshun.jp/articles/-/49542

引用元: ・【大口病院】被告(20人殺し自白)に無期懲役判決 裁判長「生涯をかけて償いをさせ、更生の道を歩ませるのが相当」反省してることも考慮 [ネトウヨ★]

おすすめ記事


© 2022 ニュース速報 令和瓦版