【なぜ…】村上春樹、今年もノーベル文学賞逃す



1: 令和瓦版 2021/10/07(木) 20:04:27.40 ID:FUEkQ7gm9
 スウェーデン・アカデミーは7日午後1時(日本時間同午後8時)、2021年のノーベル文学賞を発表した。06年から有力候補に挙がり続けている日本の作家・村上春樹さん(72)は、またしても受賞を逃した。

 2021年も「ハルキ・ムラカミ」の名前が呼ばれることはなかった。

 06年、多数のノーベル賞作家が受賞してきたフランツ・カフカ賞に選ばれて以降、村上さんの受賞は国内外で取り沙汰され続けてきた。英国ブックメーカーなどでは必ず有力候補の一人に挙げられ、今年も「ラドブロークス」の前日予想で単独首位の5倍と本命視されていたが「16度目の正直」とはならなかった。世界中のハルキストたちが胸を高鳴らせた後に失意に沈む展開は、もはや「秋の風物詩」と化している。

 データ上は好条件がそろっているとみる向きもあった。今年は有力候補に挙げられた作家の多くは女性だったが、昨年の受賞者は米国の女性詩人ルイーズ・グリュックさん。06年以降、6人の女性が受賞してきたが、2年連続女性のケースはなく、本命視された村上さんにとって追い風との声が強くなっていた。さらにアジアからの受賞者も12年の中国の莫言さん以来9年間出ておらず、受賞に適した年とする分析もあった。

 候補として名前が挙がり、毎年騒ぎになることについて、村上さんは著作の中で「正直なところ、わりに迷惑です」と困惑する思いを表現。「だって正式な最終候補になっているわけじゃなくて、ただ民間のブックメーカーが賭け率を決めているだけですからね。競馬じゃあるまいし」と否定的な見解を示し「脳減る賞」とジョークで断じている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fb307f1a3d6947dd584c3e201c14720e30095fa5

引用元: ・【なぜ…】村上春樹、今年もノーベル文学賞逃す [ネトウヨ★]

おすすめ記事

    No feed items found.

© 2021 ニュース速報 令和瓦版