眞子さま、『人生が壊されるという恐怖感が持続し、悲観的になり、幸福感を感じられず、些細な刺激で強い恐怖を感じる状態』だった



1: 令和瓦版 2021/10/01(金) 23:35:26.19 ID:tJEoTOV69
宮内庁は1日の記者会見で、眞子さまがひぼう中傷と感じられる出来事を長期にわたり反復的に体験された結果、「複雑性PTSD」(複雑性心的外傷後ストレス障害)と診断される状態になっていることを明らかにしました。
会見に同席したNTT東日本関東病院の秋山剛医師は、眞子さまの症状と経過などについて説明しました。

それによりますと、眞子さまは結婚に関するご自身や小室さん、それに家族に対する誹謗中傷と感じられるできごとが、長期的に反復され、逃れることができないという体験をされたということです。

このため、2018年から19年ごろから、誹謗中傷をただすことが難しいという無力感を感じる状態で、人間としての尊厳が踏みにじられていると感じ、また、結婚後、平穏で幸福な生活を送りたいという願いが不可能となってしまう恐怖を感じられるようになったということです。

このため、眞子さまはご自分を価値がないものと考えたり、以前に比べると他人との関係を避けられることがあるということです。

ひぼう中傷と感じられる内容を目にした場合、恐怖感を再体験されることがあったということです。

ある時期からは、ひぼう中傷と感じられるできごとに関する刺激は、できる限り避けられているということです。

加えて、人生が壊されるという恐怖感が持続し、悲観的になり、幸福感を感じるのが難しい状態になられているということです。このため些細な刺激で強い脅威を感じられたり、集中困難、焦燥感、無気力といった症状もあるということです。

皇族の立場として、公的な活動には精一杯の力をつくし、私的な勤務なども継続していましたが、日常的に非常な苦痛を感じられることが多いということです。

そのうえで秋山医師は現在の状態とご結婚については「眞子さまは、公的な活動もなさっていらっしゃるように、判断力には影響が生じておらず、結婚の準備を進めることにも支障はありません。結婚されることで、ご自身や小室さん、それに家族に対するひぼう中傷と感じられるできごとがなくなれば、『複雑性PTSD』の改善が進むと考えられます。ご結婚について、周囲の方々からの温かい見守りがあれば、ご健康の回復がさらに速やかに進むものと考えられます」としています。

(続きはソースで)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211001/k10013286321000.html

引用元: ・眞子さま、『人生が壊されるという恐怖感が持続し、悲観的になり、幸福感を感じられず、些細な刺激で強い恐怖を感じる状態』だった [potato★]

おすすめ記事

    No feed items found.

© 2021 ニュース速報 令和瓦版