【コロナ】ワクチン拒否者への差別は正当か? 肯定派 「ワクチンを接種しない人を拒む権利がある、差別に当たらない」



1: 令和瓦版 2021/10/01(金) 09:23:53.38 ID:cGavK2kx9
<新型コロナワクチン接種の義務付けを民間企業の判断に委ねたバイデン米政権。プライバシーの侵害か、感染予防に不可欠か、それぞれの言い分は>

接種の義務付けには正当な意味がある
ベンジャミン・ウィッテス(ブルッキングス研究所上級研究員)

相手がまだワクチン接種を受けていないと知っていれば、私はその人に対面で会うつもりはない。リモートでなら会う。
その人を罰するつもりも非難するつもりもないが、私は自分がウイルスの運び屋になるリスクを冒したくない。
だから、予防接種を受けていないと公言する人には面と向かって会いたくない。

もちろん例外はある。何らかの医学的な理由でワクチンを打てない人や、まだ法的に接種を認められていない子供たちは別だ。
ただ、私自身が自分に課している義務はこうだ。ウイルスの運び屋となることを自ら選んだような人とは、絶対に対面で会ってはいけない。

米連邦政府が法律でワクチン接種を義務化しないことには、それなりの理由があると思う。
法律で強制すれば、反ワクチン派が一段と過激化しかねない。だから私は、民間の企業や団体による接種義務化を推奨しつつ、
政府による強制はしないというジョー・バイデン大統領のやり方に必ずしも反対しない。

ただし私は、法律で全国民にワクチン接種を義務付けることにも反対しない。そういうことは単に方法論的な問題にすぎない。
大事なのは、一刻も早く国民の大半にワクチン接種を受けさせることだ。そのために法的な義務化が有効なら、それはそれでいいと思う。

ご承知のように、自律・自立した人間としての私には誰と付き合うかを決める権利があり、ワクチンを接種しない人を拒む権利がある。
これを差別と言うなら、確かに差別だろう。しかし、法的な意味の不当な差別には当たらないと思う。

私は個人的なポリシーとして、ワクチンの未接種者を区別することにした。私の勤めている研究所も同じポリシーを採用している。
あなたがまだワクチン接種を受けていなければ、ブルッキングス研究所の建物に入ることは許されない。

個人としての私のこうした権利が認められ、推奨されてもいるのに、私の勤務先が同じ権利を主張するのはおかしいと言われる。
政府が私の勤務先に同じ権利の行使を勧めるのは無責任であり、不当だとも。それはおかしい。

私にもブルッキングス研究所にも法的な人格が認められており、差別に当たらない範囲で区別をする権利が認められている。
そうであれば、ブルッキングス研究所やユナイテッド航空をはじめとする多くの企業が従業員のワクチン接種義務化に踏み切ることのどこが悪いのか。
それを大統領が称賛することの、どこが悪いというのか。
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2021/10/post-97174_1.php

引用元: ・【コロナ】ワクチン拒否者への差別は正当か? 肯定派 「ワクチンを接種しない人を拒む権利がある、差別に当たらない」 [影のたけし軍団★]

おすすめ記事

    No feed items found.

© 2021 ニュース速報 令和瓦版