27年度以降に本格実施 「防衛増税」先送り―自民の反対論に配慮・政府


1: 令和瓦版 2022/12/07(水) 08:15:01.27 ID:CUtadjRy9
 政府は6日、防衛費増額で増税に踏み切る場合、本格的な実施は2027年度以降とする方針を固めた。物価高騰などで経済情勢が不透明なことに加え、本命視される法人税などの増税には自民党内の異論が強いためで、当面の国民負担増を回避する。政府は早期に方向性を定めた上で、与党の議論を踏まえ税目などの年内決定を急ぐ。

 岸田文雄首相は、鈴木俊一財務相に23~27年度までの5年間の防衛費総額を約43兆円とするよう指示。現行の中期防衛力整備計画の1.5倍の規模となる。
 鈴木氏は記者会見で、27年度までの財源確保は歳出・歳入両面の工夫でやり繰りすると説明した。財源は、国債発行のほか特別会計の剰余金、税外収入の活用、歳出改革などで工面する。
 鈴木氏は27年度以降について「安定的に推移するのが望ましい」と語り、安定財源の必要性を強調した。法人税、所得税といった税収が大きい基幹税の増税が念頭にある。
 27年度までに増税を始める場合でも、税率の引き上げは小幅に抑え、本格実施は27年度以降とする。

時事通信 2022年12月06日21時12分
https://www.jiji.com/jc/article?k=2022120601045&g=pol&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

引用元: ・27年度以降に本格実施 「防衛増税」先送り―自民の反対論に配慮・政府 [蚤の市★]

おすすめ記事


© 2023 ニュース速報 令和瓦版