【W杯】三笘薫ら戦犯扱いに反発噴出「PK下手と批判やめろ」クロアチア戦黒星も健闘


1: 令和瓦版 2022/12/06(火) 06:08:05.53 ID:E1n2WWno9
Football-tribe2022.12.06. 3:09
https://football-tribe.com/japan/2022/12/06/257883/

森保一監督率いる日本代表は6日、FIFAワールドカップ・カタール大会(カタールW杯)決勝トーナメント1回戦・クロアチア代表と対戦。FW南野拓実(ASモナコ)、MF三笘薫(ブライトン)、DF吉田麻也(シャルケ)がPKを止められてベスト8進出を逃した。そんな中、PKキッカーに対する批判を巡って議論が白熱している。

日本代表は43分にショートコーナーからFW前田大然(セルティック)が押し込み、先制ゴールをマーク。55分にクロスからFWイバン・ペリシッチ(トッテナム・ホットスパー)に同点ゴールを許すと、その後は一進一退の攻防を繰り広げる。

そして1-1のままPK戦に突入すると、南野拓実、三笘薫、吉田麻也がGKドミニク・リヴァコヴィッチ(ディナモ・ザグレブ)に止められると、GK権田修一(清水エスパルス)もPKストップとはならず1-3で敗れた。

試合後、ツイッターでは「PK下手」がトレンド入り。PKを止められた3選手への批判が沸き起こっているが、一方で「PK下手とか言うのやめろ」、「PK下手って批判できるのが怖い」、「日本代表凄かったのにPK下手とは言うな」といった反発の声が噴出。「PK下手トレンド入りは悲しいな」といったコメントも寄せられている。

さらに2日のスペイン戦でMF田中碧(フォルトゥナ・デュッセルドルフ)の勝ち越しゴールをアシストした三笘薫に対する批判も見受けられている。これには「手のひら返しだ」、「あれだけ三笘薫持ち上げておいてそれはない」という声が沸き起こっている。

引用元: ・【W杯】三笘薫ら戦犯扱いに反発噴出「PK下手と批判やめろ」クロアチア戦黒星も健闘 [征夷大将軍★]

おすすめ記事


© 2023 ニュース速報 令和瓦版