コロナ「5類」希望が半数 感染症法位置付け企業調査


1: 令和瓦版 2022/09/10(土) 11:00:10.31 ID:Bzqp8ZO49
 新型コロナの感染症法上の位置付けについて、季節性インフルエンザと同等の扱いで就業制限などの措置がない「5類」相当への変更を望む企業が51.1%に上ったとする調査結果を、帝国データバンクが公表した。

 コロナは現在、「新型インフルエンザ等感染症」に分類され、就業制限や入院勧告、外出自粛要請などの措置が可能。岸田首相は時期を見極めながら変更を検討する考え。

 調査は8月18~31日に実施、1万1935社が回答した。5類相当を望む主な意見は「いつまでも経済活動が元に戻らない」「中小企業は大企業より人の余裕はなく、感染や濃厚接触で社員の自宅待機は相当な重荷」など。

共同通信 2022/09/10
https://nordot.app/941070082388328448?c=39546741839462401

引用元: ・コロナ「5類」希望が半数 感染症法位置付け企業調査 [蚤の市★]

おすすめ記事


© 2022 ニュース速報 令和瓦版