【中国映画】 「こんなものをなぜ輸入?」 韓国戦争惨敗描いた中国の英雄映画『1953金城大戦闘』の配給許可が韓国で物議



1: 令和瓦版 2021/09/07(火) 14:50:47.64 ID:CAP_USER
https://japanese.joins.com/upload/images/2021/09/20210907100353-1.jpg
中国映画『金剛川』の韓国版ポスター。タイトルは『1953金城大戦闘』となっている。[写真 インターネット キャプチャー]

中国と北朝鮮の立場から韓国戦争(朝鮮戦争)を見た中国映画『金剛川』が韓国題名『1953金城(クムソン)大戦闘』として先月30日、韓国映像物等級委員会審議を経て「15歳以上観覧可」の等級を付与された。これにより韓国で公式に流通することになった。

1953金城大戦闘は映画観覧ではなくビデオ用として審議を終えた。映画館での上映はできない。VOD(ビデオ・オン・デマンド)サービスを通じて観覧することができる。NAVER(ネイバー)・Daum(ダウム)などポータルサイトは今月16日から鑑賞することができると案内している。あらすじは「韓国戦争の終盤である1953年夏、40万人を超える米軍と中国共産軍が金剛山(クムガンサン)金城突出部をめぐり最後の戦いを準備する」と紹介されている。

予算1000億ウォン(約95億円)が投入された『1953金城大戦闘』は中国人俳優チャン・イーやウー・ジンらが主役を務めている。中国では昨年10月に公開された。

映画は1953年7月金剛山下流で起きた金城の戦いが舞台となっている。休戦を控えて一進一退を繰り返していた時期だ。映画は中国軍を英雄視し、米軍戦闘機を「死の爆撃機」として描くなど中国と北朝鮮の見解を反映している。

このために映画ファンの間では「こういうものをなぜ輸入するのか」「典型的な中国宣伝用映画、こういうものを配給するとはあきれる」「韓国語で翻訳配給することが常識的に可能なのか」など反対意見がたくさん出ている。一部では「(韓国は)自由がある国なのでこういうものも輸入するのではないか」という意見もある。

野党「国民の力」のヤン・ジュヌ報道官は「映画『仁川(インチョン)上陸作戦』(邦題『オペレーション・クロマイト』)が北朝鮮で劇場公開されるだろうか。中国では可能だろうか」とし「これが自由な社会だと考える。大韓民国の自由が改めて誇らしい」とした。続いて「もちろん観客として批判も自由だ」とし、本人の寸評では「政府は国民の一般意志に奉仕しなければならない」と付け加えた。

金城の戦いは、1953年7月13日江原道金化郡(カンウォンド・キムファグン)と華川郡(ファチョングン)一帯で中国共産軍の奇襲と共に始まり約1週間続いた。韓国国軍の発表による被害は戦死者1701人、負傷者7548人、国軍捕虜あるいは行方不明者4136人となっている。この戦闘で韓国は約4キロ押されて領土193平方キロメートルを奪われた。

ソース:中央日報/中央日報日本語版<「こんなものをなぜ輸入?」 韓国戦争惨敗を描いた中国英雄物語映画が韓国で許可論争>
https://japanese.joins.com/JArticle/282685

引用元: ・【中国映画】 「こんなものをなぜ輸入?」 韓国戦争惨敗描いた中国の英雄映画『1953金城大戦闘』の配給許可が韓国で物議[09/07] [蚯蚓φ★]

おすすめ記事

    No feed items found.

© 2021 ニュース速報 令和瓦版