【韓国】 「脱日本」にビックリ…100億円投じて韓国に工場を作る日本企業



1: 令和瓦版 2021/09/02(木) 23:08:05.20 ID:CAP_USER
日本の化学大手「住友化学」が100億円(約1054億ウォン)以上を投資し、韓国で重要な半導体素材である感光材(フォトレジスト)を直接生産する。日本政府が2019年、半導体核心素材の輸出を規制した後、関連日本企業の韓国投資としては最大規模になる見通しだ。

住友化学は1日、サムスン電子とSKハイニックスなど韓国の半導体大手企業にフォトレジストを安定的に供給するため、100億円以上を投じて韓国に新しい工場を建設すると発表した。9月着工し、24年から生産を開始する計画だ。

韓国の新工場ではフッ化アルゴン(ArF)フォトレジストを生産する計画だ。フッ化アルゴンフォトレジストは半導体ウェハー(基板)回路を細かく描く時に使われる先端素材だ。 住友化学はこれまで大阪工場でのみフッ化アルゴンフォトレジストを生産してきた。

韓国の新工場建設と既存の大阪工場の増設が終了する24年、住友化学の不和アルゴンフォトレジスト生産能力は2019年の2.5倍に増える見通しだ。 住友化学はフォトレジスト市場で世界4位のメーカーだ。

住友化学が海外で初めてフッ化アルゴン·フォトレジストを直接生産することを決めたのは、韓国の半導体大手各社が分散生産を要請したためだと、日本経済新聞は伝えた。韓国企業は不和アルゴン·フォトレジストの90%を輸入に依存している。5世代移動通信(5G)用スマートフォンの普及とデータセンターの需要が増え、フッ化アルゴンフォトレジスト市場は毎年10%以上成長するものと期待される。

日本が2019年7月から、フッ化水素と極紫外線(EUV)フォトレジスト、ポリイミドなど半導体·ディスプレーの核心素材の韓国輸出を規制している。フッ化アルゴンフォトレジストは日本の輸出規制品目ではないというのが会社側の説明だ。しかし、日本の輸出規制が与えた影響を無視できないというのが業界専門家たちの分析だ。サムスン電子とSKハイニックスなど韓国の半導体企業が輸出規制以後、半導体素材の安定的な調達に神経を尖らせているからだ。

韓国企業が予想より早く半導体素材の国産化に乗り出したのも、住友化学が韓国に大規模な投資を決めた背景と見られる。

昨年6月、SKグループの素材専門系列会社のSKマテリアルズは、超高純度(純度99.999%)フッ化水素(HF)ガスの量産に成功した。また、400億ウォン(約38億円)を投資し、22年から年間5万ガロン規模のフッ化アルゴンフォトレジストの量産を目標に事業を推進している。 SKマテリアルズはフッ化アルゴン·フォトレジス事業に進出するため、昨年2月、錦湖石油化学の電子素材事業を400億ウォンで買収した。

韓国企業の「脱日本」の動きに驚いた他の日本企業も、韓国投資を増やしている。世界2位のフォトレジスト生産業者であるTOKは数十億円を追加投資し、仁川松島工場の生産能力を18年より2倍に増やした。

フッ化水素生産企業のダイキン工業も約40億円を投じて忠清南道唐津(タンジン)にフッ化水素工場を新設することにした。逆に、サムスン電子にフッ化水素を供給していたステラケミファとモリタケミカルは、日本政府の輸出規制措置後、輸出に困難を来たし、売上げが大幅に減少した。

東京=チョン·ヨンヒョ特派員

ソース:韓国経済<住友化学が韓国に半導体関連素材工場>(スレタイは元記事から)
https://news.yahoo.co.jp/articles/41fe28ffe9da76957473ffcdaac0e03f7ba9b69a

関連記事:日経<住友化学、韓国で先端半導体材料を生産 100億円強投資>
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC317560R30C21A8000000/

引用元: ・【韓国】 「脱日本」にビックリ…100億円投じて韓国に工場を作る日本企業[09/01] [蚯蚓φ★]

おすすめ記事

    No feed items found.

© 2021 ニュース速報 令和瓦版