【MLB】エンゼルス完封負けで2年ぶりの借金10 オリオールズ7連勝、大谷翔平は3打数0安打1四球


1: 令和瓦版 2022/07/10(日) 09:10:31.72 ID:CAP_USER9
7/10(日) 8:33配信 MLB.jp
https://news.yahoo.co.jp/articles/dcfdb72c3473d3afd08df6a7b5012dfa28c603fd

【エンゼルス0-1オリオールズ】@オリオール・パーク・アット・カムデンヤーズ

 エンゼルスは得点圏で8打数ノーヒットに終わるなど、オリオールズ投手陣の前に打線が5安打無得点と沈黙。0対1で敗れて3連敗となり、借金が昨季は1度もなかった2ケタの大台に乗った。オリオールズは連勝を7に伸ばし、先発のディーン・クレイマーが3勝目(1敗)、5番手のホルヘ・ロペスが16セーブ目をマーク。エンゼルス先発のパトリック・サンドバルに4敗目(3勝)が記録された。

 2回表一死1・3塁のチャンスを逃したエンゼルスは、先発のサンドバルが4回裏一死1塁から暴投で走者を得点圏に進め、直後にアンソニー・サンタンデールに先制タイムリーを献上。1点を追う展開となった。5回表は一死2塁のチャンスを作ったが、マイク・トラウトのサードゴロが変則的な併殺打となって無得点。6回表一死1・3塁のチャンスではマイケル・ステファニックがセカンドゴロ併殺打に倒れた。7回表無死2塁のチャンスも生かせず、最後まで1点差を追いつくことはできなかった。

 エンゼルスの大谷翔平は「3番・DH」でスタメン出場。1回表の第1打席は四球を選んで出塁したが、その後の3打席は空振り三振、セカンドゴロ、サードゴロで凡退し、3打数ノーヒット1四球に終わった。今季の打撃成績は打率.260、19本塁打、54打点、10盗塁、出塁率.346、長打率.497、OPS.843。なお、エンゼルスにとって、明日の試合は4連戦の被スイープをかけた一戦となる。

引用元: ・【MLB】エンゼルス完封負けで2年ぶりの借金10 オリオールズ7連勝、大谷翔平は3打数0安打1四球 [鉄チーズ烏★]

おすすめ記事


© 2022 ニュース速報 令和瓦版