【文芸】「衝撃のラストが味わえる小説」10選


1: 令和瓦版 2022/07/01(金) 00:31:26.62 ID:CAP_USER9
https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/801557/
2022/06/30 22:20

たとえばミステリー小説を読んでいるとき、多くの人は事件の結末や犯人を予想するもの。しかし最後まで読み進めると全く予想外のラストを迎え、作者が仕掛けたトリックにまんまとひっかっていたことに気付かされることもあります。

衝撃のラストを味わえる作品として有名なのが『殺戮にいたる病』。ゲーム「かまいたちの夜」を手掛けたことでも知られる我孫子武丸さんの小説です。大学に通いながら殺人を繰り返す「蒲生稔」を始め、さまざまな視点から数々の事件を描く群像劇。グロテスクな表現は多いものの、そのトリックの手法は国内最高峰ともよばれている傑作です。

あなたが「衝撃のラストが味わえる」と思う小説はなんですか?

・殺戮にいたる病 著:我孫子 武丸
・むらさきのスカートの女 著:今村 夏子
・六人の嘘つきな大学生 著:浅倉 秋成
・medium 霊媒探偵城塚翡翠 著:相沢 沙呼
・十角館の殺人 著:綾辻 行人
・ロートレック荘事件 著:筒井 康隆
・ハサミ男 著:殊能 将之
・噂 著:荻原 浩
・イニシエーション・ラブ 著:乾くるみ
・アヒルと鴨のコインロッカー 著:伊坂 幸太郎

全文はソースをご覧ください

引用元: ・【文芸】「衝撃のラストが味わえる小説」10選 [muffin★]

136: 令和瓦版 2022/07/01(金) 01:41:08.26 ID:AiPKqHn+0
アクロイド殺しはラストビビったな

137: 令和瓦版 2022/07/01(金) 01:42:47.06 ID:cxYt05zi0
殊能将之と舞城王太郎の違いがわらかん

138: 令和瓦版 2022/07/01(金) 01:43:11.85 ID:gRjTL65w0
斜め屋敷の犯罪👺

 
  

139: 令和瓦版 2022/07/01(金) 01:47:09.66 ID:yYJDH6Bu0
クリスティだと『春にして君を離れ』がラストってわけじゃないけど衝撃だったなあ
平凡な主婦が回想して考え事するだけの全く事件性の無い話なのに
このサスペンスっぷりは何なんだと

141: 令和瓦版 2022/07/01(金) 01:49:05.00 ID:E05jMrf10
登場人物の名前が覚えられなくて、十角館は例のページを普通にスルーしてしまった

ちょっと趣旨違うけど泡坂妻夫の幸せの書は小説がそのままマジックに使えるようになってて面白かった
1ページごとに袋とじになってるやつとかもあったな

144: 令和瓦版 2022/07/01(金) 01:51:34.01 ID:i0n4/6Wq0
>>141
袋とじのは凄すぎて開けてないのも一冊保存してる
衝撃は二作目の方が強いけど

142: 令和瓦版 2022/07/01(金) 01:49:42.19 ID:D8r61Nmd0
君の膵臓を食べたい

143: 令和瓦版 2022/07/01(金) 01:49:50.92 ID:UoMIxxXb0
ハサミ男は本当は女っていうそれだけの作品

おすすめ記事


© 2022 ニュース速報 令和瓦版