ロシア軍、要衝スネーク島から撤退 「善意の印」と説明


1: 令和瓦版 2022/06/30(木) 21:19:59.11 ID:IfEQmoE79
【AFP=時事】ロシア国防省は30日、黒海(Black Sea)のウクライナ領ズミイヌイ島(スネーク島、Snake Island)から軍を撤退させたと発表した。ウクライナが農作物を輸出できるようにするための「善意の印」だとしている。

 同省は「6月30日、善意の印として、ロシア軍はスネーク島での作戦を完了し、駐屯軍を撤退させた」との声明を出し、その意図について「ウクライナから農作物を輸出する人道回廊設置を調整している国連(UN)の努力を、ロシアは妨げていない」ということを世界に証明するためと説明した。

 この発表の前に、ウクライナ軍は同島を占領しているロシア軍に対して複数回攻撃を行っていた。

 ウクライナ大統領府のアンドリー・イェルマーク(Andriy Yermak)長官はツイッター(Twitter)に、「スネーク島にもはやロシア軍はいない。わが軍が非常によくやってくれた」と投稿した。

 ウクライナ軍のワレリー・ザルジニー(Valeriy Zaluzhny)総司令官も、「わが国の領土の要衝を奪還するため最大限の措置を講じたオデーサ(Odessa)州の防衛隊に感謝する」とテレグラム(Telegram)に投稿した。

 ウクライナ側は、ロシアが自国の穀物を盗み、ウクライナの港からの穀物輸出を妨害して世界的な食糧不足を引き起こしていると非難している。

 スネーク島では、ロシアによる侵攻開始直後に、ウクライナ兵がロシア軍艦からの投降勧告を拒絶。その無線のやりとりがインターネット上で拡散したことがきっかけとなり、同島はウクライナの抵抗の象徴の一つとなっている。【翻訳編集】 AFPBB News
https://news.yahoo.co.jp/articles/60c7b442211cac554d02e7c48234cc83640fc958

引用元: ・ロシア軍、要衝スネーク島から撤退 「善意の印」と説明 [どどん★]

おすすめ記事


© 2022 ニュース速報 令和瓦版