堀江貴文、マスク持ち歩く理由を「変な飲食店に当たると困る」根に持つ餃子店“入店拒否”騒動


1: 令和瓦版 2022/05/25(水) 10:32:57.20 ID:CAP_USER9
堀江貴文、マスク持ち歩く理由を「変な飲食店に当たると困る」根に持つ餃子店“入店拒否”騒動
5/25(水) 6:16
https://news.yahoo.co.jp/articles/54e3e2198e29b0ceedff707c822e991b822a5457

《電車タクシーコンビニずっとしてないですけど注意されないですね。されるのは飛行機系だけですね。あとたまに変な飲食店とかに当たると困るので一応持ち歩いてはいます。》

 5月23日、“ホリエモン”こと堀江貴文氏が自身のツイッターを更新。毎日新聞世論調査の【「屋外、マスク外してよい」は69%】との記事を引用して、《と、いいつつ私以外で外してる人ほぼいないっすね。怖いんだろうね皆んな》とツイートすると、続けて冒頭のような、屋内外で“ほぼノーマスク”生活を送っていることを明かした。

 コロナに感染することよりも、ルールを守らない“ノーマスク”の人物に対して注意することの方がリスクが高い、という風潮もあるだけに、堀江氏が《注意されないですね》と話すのもある意味当然と言えよう。やはりというかーー、

 彼のツイートに対してフォロワーからは、“ノーマスク”に同調するリプライも寄せられてはいるものの、SNSをはじめとしたネット上では、

《マスクしていない人を注意すると無駄に絡まれそうで怖い》
《堀江さんは注意すると後が面倒になりそうで》
《下手に注意すると、待ってましたとばかりに屁理屈こねくり回してウザ絡みしてくるのが分かっておるから、みんなに避けられてるだけ》

 トラブルに発展する方が“怖い”という理由で注意しない、というユーザーも。また《ホリエモンさんが注意されないのは餃子屋さんの一件のせいだろ》と、2020年9月の“餃子店マスク拒否騒動”を蒸し返すような意見も散見された。

 ネットトラブルに詳しいITジャーナリストが騒動を振り返る。

「堀江さんを含む3人が訪れた広島県内の餃子専門店が、一行にマスクをしていない人物がいたために着用を求めるも、押し問答になって入店を拒否。すると堀江さんが事の経緯をツイッターに書き込んだために、同店への嫌がらせや批判が集中して店舗を閉鎖せざるを得ない事態に陥ったのです。

 店主の奥さんは対人恐怖症から人前に立てなくなってしまい、現在も店舗でのレストラン営業を再開できずに、店内や通販での冷凍餃子を販売するのみみたいですね」

以下略

引用元: ・堀江貴文、マスク持ち歩く理由を「変な飲食店に当たると困る」根に持つ餃子店“入店拒否”騒動 [Anonymous★]

おすすめ記事


© 2022 ニュース速報 令和瓦版